活動紹介

今期の主な活動とテーマ

知的フェアトレードの対象となる年齢層は、幼児から成人までのすべての人々です。 今期は未来の知的産業の担い手である、子供たちに焦点を当てていきます。

当協会ではグローバルな組織を目指しています。

まずは日本から。

日本では3万人を超える子供たちが児童養護施設に入所しています。
彼らは家庭内暴力や経済的な理由により、自宅や学校で正当な教育を受けられず、 結果として社会に馴染めないケースもあります。

そんな子供たちの支援を行っていきたい、というのが今期の活動テーマです。

具体的な活動としては、月一回程度、児童養護施設に訪問し、職業紹介や社会の紹介を行い、 子供たちの「視野」を広げていきます。
様々な機会に接することで子供たちの社会に対する興味関心を育んでいきます。

明確な目標を見つけた子供たちは、学習への意欲が飛躍的に向上することでしょう。
当協会では、社会を通じて子供たちを支援していきます。

世界では2億1500万人(2010年、ILO調べ)もの児童が労働を強いられています。
私たち知的フェアトレード協会では、未来の知的産業の担い手となる児童がきちんとした教育を受け、
成人した際には知的産業の担い手となれるように支援をしていきます。
PAGETOP